- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   緑道を自転車通行可能にするのは反対です

受付年月 2018年11月
要望区 都筑区
事業名 市民からの提案
内容分類 市民利用施設 > 公園 > 公園建設・整備
対応区分 今後実施予定
<投稿要旨>

1 せきれいの道とせせらぎ公園の改良工事に伴う現地見学会の開催報告が掲載されているものを見ましたが、現在禁止されている自転車の通行を全面的に認めるということでしょうか。

緑道の拡幅等を行うことは賛成ですが、自転車通行を認めることは子どもとの接触事故が増える恐れがあるため、反対です。夜間にも関わらずライトを点灯しないで走行している自転車も多く見受けられます。現状の安全対策では不十分なため、速度制限の啓発や物理的に速度が上がらないような工夫が必要だと思います。

2 新栄ケアプラザ側のせきれい池の入口周辺は、水路側の低木と土手に挟まれているため、他の部分よりも狭くなっています。低木を除去して歩行帯を広げるなどを検討していただき、もう少し拡幅してほしいと思います。

<回答>

1.緑道の自転車通行について

都筑土木事務所では、老朽化した施設の改修及び緑道における歩行者と自転車の安全を確保して、快適で安心して暮らせるまちづくりをすすめるため改良工事を実施しております。

緑道の自転車通行については、平成26年度から「グリーンマトリックスをいかした自転車・歩行者安全対策事業」に取り組んでいます。具体的な内容としては、緑道では迂回する道路がなく、自転車通行が避けられない場所について、一定区間を自転車通行可能な推奨ルートとして設定し、自転車通行位置や押し歩き区間を明示する路面標示や看板の設置といった安全対策を順次進めています。

早渕公園からせせらぎ公園の区間についても迂回路がないため、地域の強い要望により推奨ルートとして設定したものです。

自転車の速度抑制の物理的対策についてですが、仲町台駅周辺の利用状況調査を実施した結果、非常に多くの歩行者及び自転車が利用していることから、本線上に車止め等を設置して物理的対策を実施すると通行動線が混雑してしまい、危険や事故を誘発してしまうことが懸念されるため、設置予定はありません。

スピード対策として、園路の端部を波型とすることや見通しの悪いカーブの外側に歩行者用デッキを設けること、中低木の伐採や照明のLED化による見通しの確保を検討しています。

自転車のルール、マナー向上についても、自転車通行可能な推奨ルートとして整備が完了後、自転車通行位置や押し歩き区間を明示する路面標示や看板の設置で現実的な指導が可能になると考えております。なお、引き続き自転車の利用マナーに関するリーフレットを作成し、イベントや区内公立小・中学校などで配布しマナー向上に努めています。

2.新栄ケアプラザ側のせきれい池の入口周辺について

園路左側(水路側)の低木は、水路への転落防止のために植栽されています。しかしながら、大きく繁茂していますので転落防止機能を損なわない程度に刈込を実施します。園路の右側(山側)を掘削し土留めを設置し、園路の拡幅及び見通しの改良を行い、歩行者の安全を確保します。

安心して緑道をご利用いただけるよう、施設、マナー啓発の両面からすすめてまいりますのでご理解いただきますようお願いいたします。

<問合せ先>

都筑区都筑土木事務所
   電話:045-942-0552  FAX:045-942-0809

<公表内容基準日>

2018年12月5日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

<対応の状況>

2020年3月までに実施予定

次年度実施予定の再整備工事にて対応予定になります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.12.5作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.