- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   保育園の一時保育が利用できないならばホームページから削除してください

受付年月 2018年11月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 子育て > 保育園 > 保育園運営・サービス
対応区分 要望等にお応えできません
<投稿要旨>

家族が入院したため、保育園の一時保育を利用しようとしましたが、どこに問い合わせても人数がいっぱいで預かれないと断られました。

市のホームページでこの制度を知りましたが、機能していない制度ならばホームページから削除してください。

<回答>

一時保育では、保護者等の就労を対象とした「非定型的保育」/保護者等の疾病などやむを得ない理由を対象とした「緊急保育」/育児に伴う保護者の身体的・心理的負担を解消するための「リフレッシュ保育」の3種類を設けております。実施する種類や利用年齢・人数については、職員配置や面積等の事情によるため、各施設にゆだねています。

各施設にて利用受付を行うなかで、先の予定が早く決まる就労の方の申込みで利用枠が埋まり、その後の予約をお断りせざるを得ない状況もあると聞いております。多くの方の利用希望にお応えできるよう、引き続き一時保育の受入枠の拡充に取り組んでまいります。

ご指摘の一時保育の施設一覧については、一時保育の実施を区役所に届け出ている施設を掲示しております。時期によって空き状況が変化しており、その状況を反映していくことは現状では困難ですが、ホームページで実施施設を掲示することは必要だと考えております。

なお、認可保育所にて実施している一時保育以外にも、お子さまを預けられる制度を設けております。

また、横浜市では妊娠期からのサポートをお住まいの区役所で行っております。お困りの事やお悩みがございましたら、区役所こども家庭支援課にて承りますので、一度ご相談ください。

<認可保育所にて実施している一時保育以外にお子さまを預けられる制度>

空き状況等やお申込みについては、お手数ですが、各施設に直接お問い合わせをお願いいたします。

(1) 24時間型緊急一時保育事業

(2) 横浜保育室・認可外保育施設の一時保育

(3) 乳幼児一時預かり事業

(4) 横浜子育てサポートシステム事業

<問合せ先>

こども青少年局子育て支援部保育・教育運営課
   電話:045-671-2427  FAX:045-664-5479

<公表内容基準日>

2018年12月5日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.12.5作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.