- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   ごみの戸別収集を検討してください

受付年月 2018年08月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 ごみ・リサイクル > ごみ収集 > ごみの収集方法
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
<投稿要旨>

ごみに関してはモラルの違いからか、近隣住民同士のトラブルが絶えません。集積場所を管理することもかなりの市民負担になっています。

有料になってもいいので、各家で戸別収集の選択ができるようにしてください。あるいは、有料でごみの持ち込みができる制度を作ってください。

ごみの出し方を自由に選べるようお願いします。

<回答>

廃棄物処理法では、生活環境を清潔に保つため、市町村自らが廃棄物の収集を行うこととされ、それができない場合のみ、収集業者に許可を出して収集させることができます。

現在、本市では自らの力で収集ができていますので、許可を新たに出す必要はありません。

ご提案いただきました戸別収集については、ごみの出し方の責任を明確化することで、ごみへの関心を高め、分別の徹底やごみの減量を進められるなどの効果がありますが、収集に係る費用が大幅に増大します。選択制の場合、収集効率が悪いため、さらに費用は高額となります。

本市では、市民の皆様によるごみの分別の徹底や発生抑制の取組により、これまで大幅なごみの削減と資源の削減が図られてきていますので、集積場所での収集を行っています。

収集方式については、今後のごみ量の推移等を踏まえつつ、財源確保の方法等を含め中長期的な課題として検討していきますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

また、家庭から排出される家庭ごみのうち、燃やすごみについては、お住まいの区の収集事務所にご連絡していただき、所定の手続きによる申し込みにより、市内の焼却工場へ有料にてご自身にて持ち込むことができ、資源物については、お住まいの区の収集事務所等へ直接持ち込むことができます。

<問合せ先>

資源循環局家庭系対策部業務課
   電話:045-671-2551  FAX:045-662-1225

<公表内容基準日>

2018年9月26日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.9.26作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.