- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   教科書採択傍聴の際の託児制度と傍聴人数について質問があります

受付年月 2018年07月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 教育 > 教育内容 > その他教育内容
対応区分 情報提供その他(既に実施済み・お礼お詫び等)
<投稿要旨>

昨年の教科書採択傍聴で子連れでの希望者がいたため託児用の保育者を雇っていましたが、その希望者が傍聴に当選しなかった際、雇った保育者を帰してしまったのはなぜでしょうか。直接傍聴する人以外に託児を活用しないのでしょうか。

また、傍聴許可人数が少ないことに関してはどう感じていますでしょうか。

<回答>

昨年度、教科書採択を行った教育委員会会議では、お子様連れの方が音声中継をお聞きいただけるよう別室を準備していたため、抽選会場での託児は行いませんでしたが、今年度は、抽選会場においても託児を行いました。

会議の傍聴について、本市においては、教科書採択を行う会議についても、通常、教育委員会会議を開催している会議室を使い、静ひつな環境を確保することに努めています。教科書採択は市民の皆様の関心が高いことから、今年度の教科書採択を行った会議については、会議室に入れなかった傍聴希望者の皆様が受付を行った会場で映像中継によって審議の様子を御覧いただけるようにしました。

なお、会議の傍聴の定員は、「横浜市教育委員会傍聴人規則」により、20人となっておりますが、会議室の都合のつく限り弾力的に運用しています。

<問合せ先>

教育委員会事務局総務部総務課
   電話:045-671-3240  FAX:045-663-5547

<公表内容基準日>

2018年8月30日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.8.30作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.