- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   小児医療費助成に関して医療の受け方や頻度に制限をかけてください

受付年月 2018年07月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 子育て > 子育て助成・給付 > 子育て各種助成
対応区分 要望等にお応えできません
<投稿要旨>

小児医療費助成があるのを良いことに、必要ではない医療までも受けているように思います。市としての社会保障費の負担も大きくなり、税収のバランスが取れなくなってしまうのではないでしょうか。医療の受け方や頻度に制限をかけてください。

<回答>

小児医療費助成事業は、神奈川県の補助事業として開始しており、本市においても所得制限は、所得の判定対象者を含め県の要綱で定められた基準を準用し、本市で条例を定め実施しています。

医療機関等への受診の仕方、頻度に関しては、それぞれのお子さまに応じて様々な症状があるため、一律に制限の基準を設けることは困難です。

<問合せ先>

健康福祉局生活福祉部医療援助課
   電話:045-671-4114  FAX:045-664-0403

<公表内容基準日>

2018年8月20日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.8.20作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.