- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   公道に喫煙所を設置しないでください

受付年月 2018年07月
要望区 都筑区
事業名 市民からの提案
内容分類 保健・衛生・医療 > 保健 > 健康づくり
対応区分 要望等にお応えできません
<投稿要旨>

都筑区の小学校で祭りが開催された際に、校門すぐ横の公道に喫煙所が設置され、門を通る人や校内にいた子ども達がタバコの煙に燻されていました。また、消防団員が一緒になって喫煙していました。受動喫煙の危険性が認識されている現代では到底許されることではありません。改善をお願いします。

<回答>

平成15年5月に施行された健康増進法により、多数の人が利用する施設を管理する者に対し、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること)の防止措置を講ずる努力義務が課せられています。

また、平成22年4月に施行された「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」により、公共的施設の管理者に対して、受動喫煙防止対策の必要性が高い第1種施設(学校、病院、官公庁施設など)では「禁煙」、第2種施設(飲食店、宿泊施設など)では「禁煙または分煙」が義務づけられています。

ご指摘のありました小学校については、「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」第1種施設の対象となりますが、屋内は禁煙ですが、敷地内に喫煙所を設置することは可能となっております。また、屋外での喫煙については、現在のところ、こうした法令等の対象外となっており、受動喫煙の観点から規制等を行うことができません。

しかしながら、本市では、市民の皆様の健康を守る立場から、受動喫煙を含めたたばこ対策を積極的に行う必要があると考えており、たばこの害に関する様々な研究結果を把握し、受動喫煙防止啓発や禁煙支援等を行っております。

今後も関係機関と連携の上、喫煙マナーについても、引き続き普及啓発を行ってまいりますので、どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

<問合せ先>

健康福祉局健康安全部保健事業課
   電話:045-671-4042  FAX:045-663-4469

<公表内容基準日>

2018年8月27日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.8.27作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.