- トップページ|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   乳幼児健診に来ない家庭について、児童手当の支給方法を手渡しに切り替えてください

受付年月 2018年07月
要望区 全市
事業名 市民からの提案
内容分類 子育て > 子育て助成・給付 > 子育て各種助成
対応区分 要望等にお応えできません
<投稿要旨>

兵庫県明石市では市の乳幼児健診に来ない家庭については、児童手当の支給方法を手渡しに切り替える運用を行っているのとことです。これによって健診の受診率が上がり、健診に来なかった全ての子どもにも会うことができているそうです。児童虐待を防ぐため、横浜市でも導入を検討いただければと思います。

<回答>

本市では、市民の身近な相談機関である区役所や児童相談所と、保育所・学校等の地域の関係者等との連携を図り、児童虐待対策を総合的に推進しています。

また、本市の乳幼児健診(4か月児・1歳6か月児・3歳児)の受診率はいずれの健診も95%を超えており、乳幼児健診を受診できなかった場合でも区福祉保健センターが電話連絡や訪問などを行い、受診勧奨を行っています。

健診に来られない理由は様々ですが、保護者のお仕事の状況、里帰り中、医療機関で継続治療中などが主で、保育所、他の自治体、医療機関等と連携し、お子様の状況確認に努めています。

なお、児童手当の支払方法についてですが、本市では諸事情により銀行口座が開設できない等の場合を除き、口座振替の方法により行うものとしています。

これからもあらゆる機会を捉え、全市的な広報・啓発を実施するとともに、児童虐待の発生防止に努めてまいります。

<問合せ先>

こども青少年局こども福祉保健部こども家庭課
   電話:045-671-4288  FAX:045-681-0925

<公表内容基準日>

2018年8月21日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。



市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2018.8.21作成
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2354 - FAX:045-212-0911
© 2005-2018 City of Yokohama. All rights reserved.