- トップメニュー|検索

広聴〜横浜市民の「声」

「市民の声」の公表



詳細内容

[件名]   市営バス104系統、臨港バス鶴02系統はダイヤの組み方が非常に非効率的です

受付年月 2017年04月
要望区 港北区
事業名 市民からの提案
内容分類 交通・道路 > バス > バスダイヤ・定時運行
対応区分 <最新> 検討しましたが、要望等にお応えできません    <初回公表時点> 今後検討
<投稿要旨>

この2つの系統は、一部の区間を除いて同じ道順を走っているのですが、お互いのバスの到着時刻の差が1分や2分しかないことが多いです。

これではあまりにも燃料などが非経済的ですし、税金の無駄遣いだと思います。何より利用者が不便極まりないです。不合理なダイヤを改善していただけないでしょうか。

<回答>

日頃より、市営バスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

現在、市営バス104系統のバス運行時刻の設定については、鶴見駅前から末吉橋間を運行する13系統との運行間隔が均等になるように設定しております。

また、市営バス104系統と臨港バス02系統では事業者が異なるため、両事業者が共同して双方の運行間隔を調整してダイヤを作成することは困難です。

なお、運行間隔については極力均等に運行できるよう努めておりますが、市営バス104系統と臨港バス02系統では、起終点は同じであっても経由地が異なるため、「駒岡車庫⇔新横浜駅前」間においての車間隔の調整に苦慮しているところです。

しかしながら、今後のダイヤ改正時には、今回のご意見をできるかぎり反映したダイヤを作成させていただきたいと考えておりますので、今後とも引き続き市営バスをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

<問合せ先>

交通局自動車本部港北営業所
   電話:045-545-1804  FAX:045-545-1805

<公表内容基準日>

2017年4月19日     ※上記の内容はすべて左記の日付時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

<更新日>

2018年5月1日

<対応の状況>
要望等にはお応えできません。

市民からの提案 この件に関するご意見等がありましたら、「市民からの提案」の専用の投稿フォームをご利用ください。
市民局広報相談サービス部広聴相談課 - 2017.4.19作成 - 2018.5.1更新
お問合せ - sh-kochosodan@city.yokohama.jp - TEL:045-671-2334 - FAX:045-212-0911
© 2005-2017 ,2018 City of Yokohama. All rights reserved.